タグ

タグ:映画

映画 七つの会議を観たから言える濃いめの感想レポート

カテゴリ:


野村萬斎さん主演の映画「七つの会議」を観てきました。

誰かと感想話したい!

でも話す相手がいない!

そこでここのブログに書きなぐりたいと思います。

ネタバレもあるので気になる方は映画館で観てからご覧ください。

ちなみに・・・こんな記事もあるよ。

映画「ドラゴンボール超ブロリー」を観て誰もが思う疑問を調べてみた。

【1分で読める】映画「セッション」感想

映画「ドラゴンボール超ブロリー」を観て誰もが思う疑問を調べてみた。

カテゴリ:


映画「ドラゴンボール超 ブロリー」を観てきました!ドラゴンボール歴はコミックス全巻を何度も読み、TVシリーズ最新作の「ドラゴンボール超」もゴクウブラック編以外は全部観ました。特に最後の宇宙サバイバル編は毎週楽しみに見ていました。

随所に溢れるドラゴンボール原作のオマージュが素晴らしく、鳥山明先生が書いているドラゴンボールシリーズへのリスペクトが分かる作品でした。それが今回は映画化ということで劇場で見られるのを楽しみにしていたんですよ。

で観に行ったんです・・・。

【1分で読める映画感想】バクマン。

カテゴリ:
image


オススメ度
★★★☆☆

周囲の評判が高いこともあり、期待していたのですが、肩透かし。

OPの週刊少年ジャンプ史を振り返る映像、真城、高木、新妻の3人のマンガの世界でのバトルシーンなど、映像の斬新さは、さすがの演出。

ただ、ストーリーはあまりにもトントン拍子に進みすぎて、薄い印象です。

一番よかったのは、エンディングのスタッフロール。

必見です。

【1分で読める映画感想】メイズランナー2 砂漠の迷宮

カテゴリ:
image


オススメ度
★★☆☆☆

前作を観た上で鑑賞しましたが、1の良いところはどこ行った!?という印象。

メイズランナーなのに迷路感が薄い。
1作目の迷路が良かったと思うのですが・・

海外ドラマ「THE WALKING DEAD」+「マッドマックス 怒りのデスロード(の後半部分)」を組み合わせたようなストーリー。

誰もが上記2作を観ているわけではないですが・・・

当然、続編があるので観る予定。
なんだかんだ言いながら、観たくなるのが、続編物の良いところですね。

【1分で読める映画感想】エベレスト3D

カテゴリ:
image


オススメ度
★★★★☆

実話を元にした作品。

そんな予定はこの先ないが、「エベレストに登頂するのは止めよう」と思うほど、登山の恐怖、エベレスト登頂の難関さが伝わる作品。

タイトルに「3D」と銘打っているが、MX4Dなど、劇場をキンキンに冷やして、お客さんが登山ウェアの完全防寒スタイルで鑑賞するのも楽しそうだ。

【随時更新】見やすい座席はココだ!TOHOシネマズ日本橋

カテゴリ:
image


image


良い点
・地下鉄 日本橋駅からすぐの好立地
・コレド室町で買い物が楽しめる
・土地柄、(精神的にも)大人な客が多い

悪い点
・コレド室町や三越に用がない人なら、新宿・渋谷で事足りる

スクリーン1
image


E18から見たスクリーン
image

スクリーンやや小さめです。

スクリーン3
image


D3からのスクリーン
image


新しい映画館なので、前のほうでも見やすいです。

スクリーン5
image


D3から見たスクリーン
image


スクリーン7
image

IMAX仕様なのか、巨大スクリーン

D7から見たスクリーン
image

スクリーンが大きいので、普段ベストな席より、やや後ろのが見やすいかもしれません。

スクリーン9
image


D13から見たスクリーン
image

やや小さめのスクリーン。
13の列は、入り口側の一番端なので、スクリーンを横切らず、席に着けます。

【1分で読める映画感想】ギャラクシー街道

カテゴリ:
image


オススメ度
★☆☆☆☆

三谷作品の前作「清洲会議」は、あまり笑いどころがなく、個人的にがっかりしたが、歴史物だから仕方ないと自分に言い聞かせたあの日。

ついに新作「ギャラクシー街道」公開ということで観に行きました。

・・・が、今作も笑いどころ少なめ。
面白そうな雰囲気はあるんだが、よくとクスッと程度。

自分だけかと思っていたが、休日のそこそこ人が入った新宿の映画館でも、塊はゼロ。

キャプテンソックスのシーンは、面白かった。

三谷作品としては、異色なのかもしれないが、兎にも角にも、映画館で是非観て、判断していただきたい。

【1分で読める映画感想】俺物語!!

カテゴリ:
image


オススメ度
★★★★☆

漫画原作ですが、事前情報ゼロで鑑賞。

タケオ君を演じた鈴木亮平さんは、32歳で高校生役に挑戦。

週刊文春の対談記事では、「この年で高校生役が出来るなんて思わなかったから」と語っていた鈴木さん。

ヒロインの永野芽都さんは、まだ16歳で、鈴木さんとは、年齢が倍違うのに、違和感を感じないのは、キャラクターが魅力的だからでしょう。

ストーリーは、すれ違い続けた2人が、最後に結ばれるという王道ラブストーリー。

オチが予想できても、見れてしまうのは、テンポの良さ。

スクリーンのアップにも耐えれるヒロインの可愛さと、タケオくんの変顔。

劇場で是非!

【1分で読める映画感想】マイ・インターン

カテゴリ:
image


オススメ度
★★★★☆

完全ノーマークで、観た映画でしたが、なかなかの秀作。

アン・ハサウェイの美しさはもちろんですが、ロバートデ・ニーロの名演技。

笑いあり、涙ありの飽きさせないストーリー。
オトナがデートで観るのに、ぴったりの作品だと思います。

でも、この監督が「TIME」の監督とは。
作風の広さがすごい。

このページのトップヘ

見出し画像
×