タグ

タグ:旅行

【写真有り】ヒルトン東京のいちごビッフェが美味すぎた

カテゴリ:
ヒルトン東京で行われているイチゴスイーツの祭典「ストロベリーCATSコレクション」に行ってきました。

ヒルトン いちごビュッフェ30

春といえばいちご!それも高級ホテルで食べるスイーツビュッフェは格別だろうということですが、詳しくは「続きを読む」をチェックしてください。

椿山荘のホタルを泊まらずに楽しむ裏ワザ

カテゴリ:
P_20180318_165643

都内屈指の高級ホテル・椿山荘

都心のど真ん中という立地でありながら、京都の庭園のような広大な庭もあります。

こういうホテルって高いから庶民には遠い存在でしょ。富裕層だけがいけるブルジョアなホテルでしょ。

はい、そう思ったアナタ!

実はタダで満喫する方向があるんです。

というのもこの椿山荘・・・

庭園は無料開放!

そう。
椿山荘には京都のような美しい庭園があるんです。ここを無料で楽しめます。

P_20180318_174922

この滝も!

P_20180318_174953

この景色も!

P_20180318_175254

P_20180318_175358

三重の塔も全部タダ!

庭園内の川ではホタルも群生していたり、春は桜が咲いていたりと、日本の美しい四季を十二分に堪能できます。

最寄り駅は、JR山手線・目白駅からバスで15分ぐらい。
タクシーだと1000円ぐらい。

春のお散歩にぜひ!

スリランカへ旅行する時に役立つ話 ~バス移動編~

カテゴリ:
今年の年末年始、スリランカへ行ってきました。

インドの南に浮かぶ島・スリランカ
北海道の0.8割ほどの大きさです。

スリランカ地図

今回は、ツアーなどに入らず、移動はローカルバス&電車。

スリランカのローカルバスは、2種類

エアコンがついているインターシティバス(日本でいうサロンバスです)

エアコンなしのローカルバス

スリランカローカルバス

値段は一律。
日本円で100円ぐらいで、何時間でも乗れます。

私は、コロンボ~キャンディ間を、100円ぐらいで、4時間乗りました。
道がガタガタなんで、超酔います。


■ローカルバスの乗り方

スリランカでバスに乗る時は、日本での常識は通じません。

ポイントは3つ!

★乗るときは、運転手に「乗ります!」と全力でアピール!
⇒バスのスピードが遅くなるので、飛び乗ってください。
 あっ、バスのドアはずっと開いてます
⇒「アムロいきまーす!」ばりに、全力でアピールしましょう。

★お金は集金係に払う
⇒バスガイドという表現がいいのかわかりませんが
  ローカルバスの中には、1人~2人、集金係の人がいます。
⇒この人が、バスの中にずっといて、集金しに来てくれるので
  この人に払えばOK!
⇒路線によって、値段設定がよくわからないので聞いちゃいましょう。
   
★降りる駅がわからない時は聞け!
⇒乗ったはいいけど、目的地で降りるためには
  どこで降りればいいのかよくわかりません。
⇒そんな時は、一緒に乗っている人に聞きましょう。
⇒スリランカの人は、総じて良い人が多かったので、大体教えてくれます。



■観光地まで何時間ぐらいかかるの?

日本と違って、2時間超えが当たり前のスリランカバス。

目的地までの移動時間を把握しておかないと、
予定していた場所にいけなくなったり、ホテルへのチェックインが遅れたりなんてこともあります。

そこで、記憶を頼りに、私が実際に乗ったルートの時間をご紹介いたします。


★コロンボ‐キャンディ 4時間

★キャンディ‐ダンブッラ 1時間半
⇒シギリヤロックに行く時に利用しました
⇒シギリヤまでのバスが見当たらなかったので、ダンブッラからシギリヤまでは、
  トゥクトゥクでシギリヤまで移動しました。


★ダンブッラ‐コロンボ 6時間
⇒バスの集金係は「4hour」と言っていたのですが、渋滞もあって6時間。
⇒当たり前ですが、時間はアバウトにとらえたほうがいいです。


★コロンボ‐空港(バンダラナイケ国際空港) 1時間弱



■乗り心地はどうなの?

バスの乗り心地は、悪いです。

DSC01396_R

(スピーカーからインドっぽい音楽がガンガンです)


バスの性能というよりも、道が舗装されていない&結構飛ばすので、超揺れます。

でも、窓もドアも全開で、スピードも出ているので、風は気持ちよく、走行中はそれほど暑くは感じませんでした。

乗り物に酔い安い人は、酔い止めがあると安心かもしれません。



■国際空港への行き方

観光地へのバス移動よりも、大切なのが、空港へのバス移動。

うっかり乗れなかったなんてことになると、日本へ帰れません。

私は、コロンボから空港行きのバスを利用しました。

場所は意外とカンタン。
コロンボ市内にある駅「FORT RAILWAY STATION」

スリランカ駅


ここを背にして、道路の反対側に、空港行きのバスがたくさん止まってます。
空港行きかどうかの目印はコレ↓

DSC01543_R


バスの前後に目的地が書いてあります。


DSC01544_R


ちなみに、出発してからすぐに停車するバス停があるのですが、そこはインターシティバスの乗り場なので、
「旅の最後ぐらい、エアコン付きでのんびり行きたい!」という方には、ここで乗り換えることをオススメします。


バスに揺れること1時間弱。
ローカルバスは、空港に入れない(権利がないとかで)ので、1キロぐらい手前が終点。

ここから歩いて、空港へ行くことも出来ますが、トゥクトゥクなら100円(100スリランカ・ルピー)で空港までいけます。

お好きな方を選択してください。


ローカルバスで旅をしたい!という方、ぜひ参考になさってください。

 

栃木でモンゴルのゲルに泊まれる場所があった

カテゴリ:

image


モンゴルの遊牧民が暮らす家屋ゲル。

なんと、このゲルに泊まれる施設が栃木にありました。

その名も「那須モンゴリアビレッジテンゲル

那須の雄大な自然の中に、いくつかのゲルが建ててあり、そこに泊まれることができるという夢の様な施設です。

先日泊まってきたので、写真を中心にどんな感じか、ご紹介!

広い芝生の上にゲルが転々とあります。

image

入り口は低いので、腰をかがめながら入ります。

image

1つのゲルに4つのベッドがあります。
ホンモノのゲルは知らないですが、こんな感じでしょう。

image

トイレは共用。
こんな感じです。

image

 
左がMEN 右がWOMEN

気になる清潔さは・・・

image

キレイ!

image
 
ウォシュレットもついてます。
快適です。

そして、宿に欠かせないメシはBBQスタイル!
ウインナーは那須のものなので、うまい

image

トマトとモッツァレラチーズの前菜

image

A5ランクの肉も! image

店内はこんな雰囲気

image


image

お酒も豊富

image

アイスクリームバイキングもあり!

image

image

image

〆はやきそば

image

写真は撮れなかったけど、大浴場&露天風呂もあるので、めちゃくちゃ快適!

別料金で、キャンプファイヤーもできます。 焼きマシュマロなんかもありました。

家族連れでいくもよし、友達とわいわい楽しむもよし、この夏のオススメでーす。

バニラエアの乗り心地完全レポート

カテゴリ:
先日、バニラエアを利用して台湾に行ってきました。

002


近頃、欠航が増え、ニュースを騒がせているLCCですが、その乗り心地はどうなのか。


■席の狭さはこんな感じ!

image

177センチの僕がフツーに座って、前の席に膝がつくかどうかという具合。
これでも爆睡できたし、まぁ、台湾ぐらいの飛行時間(3時間半)までなら余裕だと思います。


■食事や飲み物もお手頃価格

職場の上司が「LCCってメシ出ないんでしょ?」と話していました。
そういう風に思っている人、意外と多いのかもしれませんが、そんなことありません。

LCCではない航空会社の場合は、無料(航空券に込み)で提供されますが、LCCは機内で購入です。
エアアジアのメニューはこんな感じ↓

image
image

image

image

image

image

image

どれも安すぎず、高すぎず。
観光地の料理に比べれば、かなり良心的な値段かと。

ただ、個人的には、事前にコンビニでおにぎりやパンを買っておいたほうがいいと思います。
好みの問題ですが。


■バニラエアなら電車代がオトクになる!

image

これ、オトクですよね。

成田空港のスカイライナーの値段が大人なら270円安くなるんです。
それも機内で注文するだけでOK!

スカイライナーに乗るなら、利用しない手はないんじゃないでしょうか。


■総論

バニラエア、ジェットスター、ピーチと、LCC3社に乗りましたが、共通していえるのは、1時間~3時間程度のフライトなら席の狭さは気にならないという点。
びっくりするぐらい寝れちゃいます。

値段も安い。
(台湾、5月は往復で2万2000円でした)

ただ、フライトの時間が限られているのが難点。
成田空港、朝6時台なんてのはザラです。

住んでいる場所によっては、結果的に、成田前泊や、タクシー利用が必要となってくるので、高くついてしまう可能性もあり、注意も必要ですね。




 

茨城の大自然を家族で満喫できる日帰り温泉があった

カテゴリ:
温泉が好き。
しかも、フツーの温泉じゃなくって、秘湯に行きたい。
人と違う「湯」に浸かりたい。

そんな方にオススメなのが、コチラ!
DSC00761
 
そうです。
ドラム缶風呂です。

ドラム缶だからってバカにしちゃいけません。
ここは、茨城県常陸太田市にある「かなさ笑学校」という施設。

廃校を利用して、校舎を宿泊施設に改装。
一泊2000円で泊まれたり、BBQができたり、体育館も使えるという、夢の様な施設。

ドラム缶風呂も、体験の1つ。
何人で遊んでも、1缶500円!
安い!安すぎる!

ドラム缶風呂体験ドラム缶に水を入れ,火を焚き,入浴する体験ができます。
※屋外のため,水着着用。
2時間程度500円/ドラム缶

施設が、ドラム缶、火をわかす薪、水、などなど必要なものは全て用意してくれるので
こちらは水着とタオルだけ持っていけばOK。

手ぶらで秘湯です。

ドラム缶風呂の沸かし方は、ホースで水を入れて

DSC00746


DSC00747


薪をドラム缶の下にいれて

DSC00757


火をつけるだけ!!!

DSC00760


火も、係の方が素人でもできるところまでやってくれるので、初心者でも安心。

水がお湯に変わるまで、40分~1時間ぐらいかかります。
そんな時は、隣にある体育館で遊べます。
DSC00758



DSC00761


2缶借りれば、息止め対決もできます。

 DSC00786

宿泊とBBQでもう一回行きたいと思いました。
ちなみに、アルコールも持ち込みOK・・・というか、自販機で売ってます。

 

このページのトップヘ

見出し画像
×