カテゴリ

カテゴリ:水曜どうでしょう

【開封の儀】水曜どうでしょうDVD23弾 対決列島~甘いもの国盗り物語~

カテゴリ:
水曜どうでしょうDVDシリーズ23弾
対決列島 ~甘いもの国盗り物語~

発売日恒例の開封の儀で~ございます!!

では、参りましょう。

おなじみの純白のベールに包まれております。

 DSCN3156


DVDパッケージとおまけ

DSCN3157

蓋、ぱっか~ん

DSCN3158

ディスク2のデザインです。

DSCN3159

パッケージの背表紙

DSCN3161

DSCN3160

説明書的なものを見ましょう。
チャプターが詳しく書いてあります。

DSCN3162

DSCN3163

DSCN3164

次は裏側。

DSCN3165

DSCN3166

対決列島でおなじみ。
手中に収めた国に貼るミスター&魔神シール

DSCN3167

大きな対決列島地図もついています。
こっちが表。

DSCN3169

こっちが裏。

DSCN3170

宣伝もばっちり。

DSCN3168


おまけはこちら

DSCN3171


こんな感じでございます。

それでは、これから中身を楽しんで参ります。
では。



 

【開封の儀】水曜どうでしょう 中米・コスタリカで幻の鳥を激写する! 前枠・後枠傑作選 

カテゴリ:
ご存知!水曜どうでしょうのDVD第22弾が発売されました。

それでは、どこにニーズがあるのか分からない【開封の儀】に参りたいと思います。


DSCN2693_R
 

DSCN2710_R


DSCN2694_R
 

DSCN2695_R
 

ここから中身です。

DSCN2696_R
 
DSCN2697_R

 DSCN2698_R

DSCN2699_R
 
DSCN2700_R
 
DSCN2701_R
 

今回は、写真家・大泉洋の作品がポストカードとして封入されています。

DSCN2702_R

DSCN2709_R


DSCN2703_R

DSCN2708_R

DSCN2704_R

 DSCN2707_R

DSCN2705_R


DSCN2706_R


予約特典は「大ケツァール展」の看板です。

DSCN2711

リップクリームぐらいの大きさですね。

 
 

爆走!水曜どうでしょう一番くじの旅

カテゴリ:
水曜どうでしょう一番くじの第二弾が1/14(水)から発売スタート。

1421199138302

今日が発売初日ということで、僕の水曜どうでしょう一番くじの旅が始まりました。

ルールはカンタン。

・東京 浜松町から板橋までのおよそ13キロの道のりを、自転車で移動

・目に入ったローソンで、必ず1回どうでしょうくじを引く


ローソンが全部で何件あるのか!?

一体、いくらお金が飛んで行くのか!?

不安と期待に胸を膨らませながら、水曜どうでしょう一番くじの旅スタ~~ト!!




って、、、ローソン全然ないからっ!!


脇道に入れば、ローソンがあるのは知ってるんだけど、
今回はあくまでも、直進のみ!

これがローソンを見つけることなくスムーズに進んで・・・

有楽町駅経て、東京駅経て・・・

神保町を経ていた時に発見!!

DSC_0818_R

ローソン神田神保町白山通り店。

でも、この店、どうでしょうくじが置いていないの!!

全店舗で展開してるってことじゃないのか。
すでに買い占めが出たのか。

詳しいことは分からないけど、幸先悪い感じで、2軒目に向けてGO!!


で、あっといまに水道橋駅を経る私。


もう天気もいいし、サイクリング気持ちいいな-と、当初の目標を失いかけていたその時!!

DSC_0819_R

ローソン都営水道橋駅前店ハッケン!

すぐにIN!!

2軒連続くじなしというアクシデントを危惧しながら、店内をウロウロ。

・・・あった!!!

ルール通り、店員さんに「1回オネガイシマス!」と宣言

引き当てたのはコレ。

DSC_0820_R

C賞 携帯スタンド 雪面の飛び魚

いきなりC賞なんて、ラッキー!


この勢いでドンドン行くぞと、ペダルを漕ぐ足にチカラが入るのだが、
ここからは、さっきまでのローソン飢饉が嘘のように、ローソン乱立。


DSC_0821_R
 
ローソン本郷白山通店


DSC_0822_R
 
他の一番くじに混ざっているので、注意!

くじ、ドン!!

DSC_0823_R
 
H賞 水どうマスコット

中身が何かは後でみてみよ~~。

ちなみに、ローソン本郷白山通店は、買い占めてもまだ在庫があると言っていたので
どうでしょうくじの在庫が豊富のようです。


さて、次はコチラ!

DSC_0824_R
 
ローソン本郷四丁目店

ドドンと一面展開!


DSC_0825_R
 

じゃあ、くじ、ドン!! 

DSC_0826_R

G賞 クリアファイルセット
全4種類のうち、ヨーロッパ21カ国完全制覇なクリアファイルをチョイス。

ここまで3店舗、奇跡的にかぶっていません。
そして、私以外に、くじをしている人にも出会っていません。

本当に、藩士の存在ってマイノリティです。


このあたりが、全行程の半分ぐらいでしょうか。
ここからしばらくローソン飢饉ロードが続きます。

白山通りの緩い登り坂がきっ、キツイ…。

すると・・・

DSC_0828_R

道路の反対側か。
めんどくさいけど、行くもんね。


DSC_0829_R

ローソン文京白山五丁目店


1421199138302



くじ、ドン!! 

DSC_0830_R

E賞 ハンドタオル 全3種

サイコロ柄にしました。

まだかぶってません。

でも、そろそろ大物を当てたいです。
でも、ローソンが全然見つかりません。。。


ない・・・。

DSC_0831_R



ない・・・。

DSC_0832_R


あった!!
徳川慶喜的なやつがあった。

この写真を取っていたら、おばちゃんに「コレ、すごいわよね~」と話しかけられ
徳川慶喜の屋敷跡地がこんなところにあるなんてビックリという話を
10分ほど聞かされるはめになりました。


DSC_0833_R


Dear.おばちゃん
こっちが興味あるのは、この跡地の目の前にあるコレなんだよ。

DSC_0834_R
 
ローソン巣鴨一丁目店

巣鴨だったんですね。
こちらでくじを引く方、おばちゃんに要注意です。

でも、もしかすると、くじ運をUPしてくれる幸運の女神かも。
そんなことを期待して、一番くじにチャレンジ!

1421201790513
 


くじ、ドン!!


DSC_0835_R

H賞 水どうマスコット

おばちゃんは、幸運の女神じゃなかったね。
10分を返してくれ・・・。


気を取り直して、まだまだいくぞ~。

はい、巣鴨地蔵通り商店街入り口。

DSC_0836_R


この商店街の中に、1ローソンあるんです。

でも、人多くね?

DSC_0837_R

祭りっぽくない?

DSC_0839_R

そうか。。。

水曜どうでしょう一番くじの行列か。

おじいちゃん、おばあちゃんにも人気なんだなー。

人混みで全然進めないけど、これもどうでしょう人気なら仕方ない

DSC_0840_R


って、混みすぎじゃボケ!!

全然前に進めないやんけ!!



・・・という心の声を悟られないように、歩くこと10分。

DSC_0841_R

ローソン巣鴨四丁目店

恐らく、日本で唯一だろう、店の前の光景↓↓↓

1421202840634
 
甘酒だよね。

で、どうでしょうくじは・・・

なっ、ない!!
 
あんなに苦労して歩いたのに。

どうでしょうの行列じゃなかったなんて・・・。


がっくり肩を落としながら、巣鴨の商店街を抜けた先に、またまたまたローソンが!

DSC_0843_R


DSC_0844_R

ローソン滝野川六丁目店

DSC_0845_R

正直、最初の「雪面の飛び魚」以来、大物を引き当てていないので
そろそろ当てたいところ・・・。

たのむぞっ!くじ、ドン!! 
 
DSC_0846_R

E賞 ハンドタオル

ハンドタオル再び。

むむむ。。。

恐らく、次のローソンが最後。
最後は、せめて、マスコットとハンドタオル以外を引き当てたい。

DSC_0847_R
 
ローソン板橋一丁目店

そうです。

ローソンでは、フレンチフライが新発売なんです。

それはさておき、ココのローソンで予約していた水曜どうでしょうのDVD~コスタリカ編~をGET!

DSCN2693_R


くじもここで引き納めと思ったら・・・


クジないじゃん!!


まさかの幕切れ。


まあ、そんなこともあるよね。


最後に、今回のくじ引きの結果。


DSCN2690_R

C賞 携帯スタンド 雪面の飛ぶ魚×1
E賞 ハンドタオル×2
G賞 クリアファイル×1
H賞 水どうマスコット×2


合計費用 3720円


ちなみに、H賞 水どうマスコットの中身は

DSCN2691_R


DSCN2692_R


2つともONちゃんでした。

こちらもかぶり。


ぜひ、みなさんもどうでしょうくじを楽しんでくださいね。




114枚の写真で見る水曜どうでしょう小祭り完全制覇 最終夜

カテゴリ:
渋谷PARCOで10月13日まで開催される「水曜どうでしょう小祭り」に行ってきました。

ほぼ写真撮影OKなので、シャッターをバンバンきってたら114枚も撮っていたので、全部載せます。
行けた人も行けなかった人も、ぜひ、小祭りの雰囲気を味わってください。

写真の量が多かったので、前編・後編に分けました。
今みているのが後編。

前半はコチラ
114枚の写真で見る水曜どうでしょう小祭り完全制覇 第一夜


それでは、最終夜です。

「どうでしょう祭り2013」でも展示されていたやつですね。
量が多かったので、全ての作品は撮影しませんでした。

DSCN2455_R

DSCN2456_R

DSCN2457_R

DSCN2458_R

DSCN2459_R

DSCN2460_R

DSCN2461_R

続いては、記念撮影ゾーン
展示品と一緒に写真撮影ができます。

係の人が担当としてついているので、シャッターを押してもらうだけです。

DSCN2462_R

右上のアレは、壁ドンミスターらしいです。
んっ、壁になにやら文字が・・・

DSCN2463_R

ふじやんのメッセージでした。
展示の衣装は何回か変わるそうです。

DSCN2464_R

こんな感じで、パネルを持って撮影できます。

DSCN2472_R

DSCN2473_R

DVDシリーズも一挙展示

DSCN2465_R

DSCN2466_R

DSCN2467_R

DSCN2468_R

そして、2014年9月時点での最新作「リヤカーで喜界島一周」がないぞと思ったら・・・
リヤカーの山田君の上に載ってました!

DSCN2469_R

いい写真です。 

DSCN2470_R
 
この写真を撮った人のメッセージもありました。

DSCN2471_R

水曜どうでしょうの年表が掲載されています。
こちらは撮影禁止なので、表紙だけ。

DSCN2474_R

ちなみに、この年表の反対側には、水曜どうでしょう最新作「はじめてのアフリカ」の写真パネルが掲載されています。
こちらも撮影禁止なので、会場でみてください。 

次は、東北キャラバンの写真と映像。

DSCN2475_R

DSCN2477_R

あれ?モニターの下に文字が・・・

DSCN2478_R

来年もやるつもりだそうです。

DSCN2479_R

おまけ。
会場のスタッフさんのTシャツ

DSCN2476_R

東北キャラバンでの寄せ書きと集合写真
寄せ書きは写真では見にくいかったので、主に集合写真を撮りました。

DSCN2480_R

DSCN2483_R

DSCN2484_R

DSCN2485_R

DSCN2486_R

DSCN2487_R

DSCN2488_R

DSCN2489_R

DSCN2491_R

DSCN2495_R

寄せ書きはこんな感じ。
キャラバンで訪れた場所ごとに寄せ書きがあります。

DSCN2482_R

DSCN2492_R

DSCN2493_R

メッセージボードもありました。

DSCN2490_R

そして、お待ちかねの物販コーナー
もちろん、激混みです。

DSCN2494_R

クッションカバー

DSCN2497_R

DSCN2496_R

DSCN2505_R


Tシャツのワゴンに、セーラー服ふじやん発見

DSCN2498_R

Tシャツ
デザインは「どうでしょう祭り2013」に似てますが
バックプリントは、小祭バージョンになってます。

DSCN2499_R

「水曜どうでしょう祭り」では、売り切れで買えなかったTシャツですが、こっちでは余裕で買えました。

DSCN2500_R

こちらも余裕で買えます。
1人で何枚買ってもいいらしいです。(9/28時点)

DSCN2501_R

DSCN2502_R

DSCN2503_R

DSCN2504_R

タオルも種類豊富。
在庫もバッチリでした。

DSCN2506_R

DSCN2507_R

DSCN2508_R

まだまだあります。

DSCN2509_R

DSCN2510_R

DSCN2511_R

DSCN2512_R

DSCN2513_R

DSCN2514_R

この他にもグッズはたくさんあります。

ただ、注意点が1つ。
今回は、完全入れ替え制なので、展示物を見てから、グッズを買うまで1時間しかないんです。

グッズコーナーでも「時間までにレジで購入してください。時間を過ぎると、購入できない場合があります」と、耳にタコができるほど言われます。

私も、写真撮影に夢中で、グッズを買う時間がギリギリでした。
なので、時間配分には気をつけてくださいね。

会場内は原則、戻ることができないので、グッズを先に買ってから、展示物をみようというのもNGです。

じゃあ、レジに並びましょう。

DSCN2515_R

DSCN2516_R

グッズを買うと、この袋がもらえます。

DSCN2517_R


3000円以上買うと、抽選に参加できました。
あっ、でも、これ今日までですね。

DSCN2518_R


あっ、入り口で、このおみやげとしてステッカーをもらえました。

DSCN2519_R

さて、家に帰って、HDDに入っているどうでしょうを、もう一度み~よおっと!





114枚の写真で見る水曜どうでしょう小祭り完全制覇 第一夜

カテゴリ:
渋谷PARCOで10月13日まで開催される「水曜どうでしょう小祭り」に行ってきました。

ほぼ写真撮影OKなので、シャッターをバンバンきってたら114枚も撮っていたので、全部載せます。
行けた人も行けなかった人も、ぜひ、小祭りの雰囲気を味わってください。

PARCOの外壁にババーン!

DSCN2406_R


見づらいですが、上にもありました。

DSCN2407_R


エスカレーターのこんなところにも。

DSCN2408_R


入り口にはノボリが。

DSCN2409_R
 

DSCN2410_R


入り口です。

DSCN2411_R

会場は3階ですが、地下1階までの行列。
時間指定のチケットなので、地下1階の本屋で時間つぶし。

すると、本屋にもポスターが!

DSCN2412_R

どうでしょう本コーナーもありました。
 
DSCN2413_R

DSCN2414_R
 
行列に続いて、階段を登って行くと、こんなコネタが(笑)

 DSCN2415_R

DSCN2416_R

DSCN2417_R

DSCN2418_R

↓本日の売り切れ情報パネルはこれ

DSCN2419_R

最初の展示は、去年北海道で行われた水曜どうでしょう祭りの写真展と、当日の映像が流れています。
こちらは写真撮影禁止。

続いての展示はコチラ
「どうでしょう祭り2013」で使われたアイテムが展示されています。

DSCN2420_R

水曜どうでしょう祭り2013のパス

DSCN2421_R

トイレのシール

DSCN2422_R

水曜どうでしょう祭りのボツ台本

DSCN2423_R

こちらもどうでしょう祭り2013で配られていたフリーペーパー

DSCN2424_R

「どう券」と「ショルダーバッグ」
DSCN2425_R


DSCN2426_R

続いての展示はコチラ
写真に入りきらなかったのですが「名企画のロケ小物」が展示されています。

DSCN2427_R

釣りバカ対決で使われたホワイトボード

DSCN2428_R

どうでしょう班の音楽

DSCN2429_R

ヨーロッパリベンジで大泉さんが着ていたTシャツ

DSCN2430_R

ミスターとふじやんの日記もありました。

DSCN2431_R

アラスカ半島620マイルで登場した、シェフ大泉のメニュー

DSCN2432_R

「対決列島」で、onちゃんこと安田さんが読んでいた巻物

DSCN2433_R

DSCN2434_R

DSCN2435_R

「試験に出る日本史」で安田さんが使ったノート

DSCN2436_R


「原付き西日本完全制覇」で結婚されただるま一家

DSCN2437_R

ユーコンで使われた虫除けスプレー

DSCN2438_R

「原付き西日本完全制覇」で、亡くなられた張子の虎
とってあったんですね。

DSCN2439_R

「原付きベトナム完全制覇」で、ミスターと大泉さんが着ていたメッセージTシャツ

DSCN2440_R

「原付き東日本縦断ラリー」での積み荷たち

DSCN2441_R

DSCN2442_R


「原付き日本列島完全制覇」の衣装とカブ

DSCN2446_R

旅のルートも展示されていました。

DSCN2444_R

DSCN2447_R

「ジャングル・リベンジ」と「ユーコン川」で使われたフリップ

DSCN2443_R

「シェフ大泉夏野菜スペシャル」
どうでしょう農園のボード 

DSCN2448_R

半角斎一門の作品もあります。

DSCN2449_R

DSCN2450_R


DSCN2445_R
 
DSCN2451_R
 
DSCN2452_R

DSCN2453_R

DSCN2454_R
 
照明や反射の具合などでうまく撮影できなかったものもあるので、ぜひ会場で確認してください。

写真の量が多いので、続きはコチラから↓↓↓
114枚の写真で見る水曜どうでしょう小祭り完全制覇 最終夜
 

水曜どうでしょうが僕らに教えてくれたこと~ジャングルリベンジ 第一夜編~

カテゴリ:
DVD6
 
「原付ベトナム縦断1800キロ」から1年9ヶ月・・・4人の男たちが再び旅に出た!行き先は「もう二度と行きたくない!」と誰もが思った禁断の地、マレーシア・タマンヌガラ国立公園。7年の歳月を経て、男たちはジャングル奥地!
2004年5月6日からオンエアされた「ジャングル・リベンジ」

「シカでした」の名言が生まれた名企画「マレーシアジャングル探検(1998年オンエア)」から6年ぶりに、どうでしょう軍団があのブンブンへ旅立ちました。

旅は一番ツライところへ行くべし!

ミスターの念願だったカンボジアのアンコールワットへを観るゆるい旅という名目で、飛行機に乗るどうでしょう軍団。もちろん、それはウソで、結局は、軍団がこれまでの旅の中でも過酷と話す、マレーシアのジャングルへ。

しかし、一番ツライ場所だからこそ、記憶にも強く残るもの。
旅はあえてツライところへ行ったほうがおもしろいということでしょう。


 

水曜どうでしょうが僕らに教えてくれたこと~マレーシアジャングル探検 第ニ夜編~

カテゴリ:
DVD10

《あらすじ》

マレーシアのジャングルの奥地にあるブンブンと呼ばれる動物観察小屋に向かうどうでしょう軍団。体調が悪く、寒気を感じる大泉さんは、35℃の気温でもフリース着用。ブンブンに向けて、卒業制作のようなボート(大泉さん談)に乗り、ワニの潜む川を3時間突き進む軍団ご一行であった・・・。



熱帯地域でもフリースは必須!

赤道に近いマレーシア。どうでしょう軍団が訪れた日の気温は35℃。
日本でいえば、ザ・真夏。

普通なら、フリースなんていらないですが、大泉さんは体調を崩して、ずっとフリースを着てます。

そうです。

暑いから冬用の服は必要ないという常識は捨てましょう。

いつ何時、体調が悪くなり、寒気を感じるかわかりません。
そんな時のフリースなのです。

熱帯地域に旅へ出るみなさん。
リュックの一番下に、フリースを忍ばせておくことを忘れずに。

それでは、また次回。

水曜どうでしょうが僕らに教えてくれたこと~激闘!西表島 第6夜編~

カテゴリ:
DVD8

《あらすじ》
西表島で、釣った魚や取った生き物にポイントを付け合うという妙な?対決をするミスター、大泉さん、安田さんの3人。この日は、朝からカヌーに乗り、テナガエビ釣り対決がスタート。現地ガイドのロビンソンさんがそれぞれが釣ったテナガエビに点数をつけるものの・・・



不満を口に出すことがビジネス成功へのカギ!

釣ったテナガエビにポイントを付けるロビンソンですが、なぜか大泉さんにだけ辛口。同じようなテナガエビでも、大泉さんだけ点数が低いんです。

これに対して大泉さんが一言。

「ロビンソン、俺にだけ辛口じゃねえか?」と、ディレクターの藤村さんに愚痴ります。
まぁ、不満を言うわけですよね。

西表島では、ロビンソンは、どうでしょう軍団のガイド兼採点係なわけですから、いうなれば、会社における上司的ポジション。

上司に不満なんて・・・と思いますが、19世紀末のアイルランド出身の劇作家 オスカー・ワイルド

不平不満があるということは、改善すべき点が分かっているということでもあります。

そうです。大泉さんは「ロビンソンの採点方式は平等ではないから、改善すべき」ということを伝えたかったわけです。

これは会社でも同じ。
改善すべき点があっても、上司の手前、口に出せないことがほとんど。
でも、勇気を持って言うことが、職場環境の改善につながり、結果的にいい仕事ができるようになるわけです。

でも、上司本人にはなかなか言えないことがほとんど。
そういう時は、大泉さんのように、上司(この場合はロビンソン)に直接言うのではなくて、藤村さんという第三者を通じて、不満を伝えています。

ここがポイントです。

第三者を立てることにより、不満を言われたほうも、「大泉さんだけじゃなくて、当事者ではない藤村さんまで平等じゃないと思っているのか!」と、冷静な判断ができるというものです。

ちなみに、不満という形で状況改善を口にした大泉さんですが、その後、ロビンソンの採点も平等に・・・いや、むしろ大泉さんよりの採点になっています。
こういう効果も生まれるんですね。


それでは、また次回。


水曜どうでしょう一番くじ売り切れから考えるテレビの未来のカタチ

カテゴリ:
bana_400_400

水曜どうでしょう一番くじが全国で売り切れ続出のようです。





2002年の「原付ベトナム縦断」で番組が終了してから、今年で、12年目。

その間に、「ジャングル・リベンジ」「激闘!西表島」「ヨーロッパ20カ国完全制覇」「原付日本列島制覇」「はじめてのアフリカ」と、オリンピック並のインターバルで、新作を発表しています。

しかし、あくまで北海道ローカル。
それが、全国のローソンで販売する一番くじを発売初日でほぼ売り切れにするパワーがあるわけです。
現在、全国放送をしているバラエティ番組で、これほど購買意欲を刺激する番組があるでしょうか?


「テレビがつまらなくなっている」と言われる昨今ですが、水曜どうでしょう的アプローチに、今後のテレビの形があるのだと思います。

再放送の繰り返しで新たなファン層の掘り起こし
水曜どうでしょうの特徴の1つが、全国各地で飽きるほど行われている再放送。
北は北海道、南は沖縄まで、主要都市はほぼ網羅し、再放送がリピートされまくってます。

これがポイントで、再放送を飽きるほど繰り返すことで、新たなファン層の掘り起こしになっていると思うのです。

例えば、両親がどうでしょうファンで、再放送を見ていたら、子供も一緒にハマってしまった。
親の影響で、特定のスポーツチームが好きになるのと同じ効果ですね。

もちろん、いつの時代になっても古さを感じさせないという番組の特性もありますが、本当に良質の作品であれば、再放送はウエルカムでしょう。

一方、全国放送の番組が、再放送をすることはまずありません。
DVDにして、売るのがベタな方法となっています。

編成枠の問題やスポンサーなど、大人の事情もあるかと思いますが、おもしろい番組であれば、何度でも再放送していいのではないでしょうか?

DVD化を否定しませんが、結局、おもしろければ、再放送も見て、DVDも買うんです。
どうでしょうがまさにそうでしょう。


テレビ番組にファンクラブ制を導入する時代
長く、テレビは無料で見られる魔法の箱。
お金をかけずに、おもしろい番組が見れるのが常識でした。

ただ、昔に比べて、テレビに道徳性が問われ、バカな企画や子供に悪影響を及ぼすとみられるものは、すぐにBPOに苦情が寄せられてしまいます。

苦情が寄せられるとスポンサーが気にするので、その結果、バラエティを作っているみなさんの選択肢が狭くなっています。

純粋におもしろいものを作る・・・よりも、スポンサーから苦情がこない範囲で、おもしろいものを作ろうという話になるわけです。
いささか本末転倒の話ですが、それが時代といえば時代なのかもしれません。

でも、もしスポンサー以外から、制作費を調達する方法があれば、番組作りの方針はスポンサーを気にしなくてもよくなります。

水曜どうでしょうで考えると、反体制派の、特にD陣は露骨なほど、グッズを作って販売してます。一番くじもそうですね。

「金儲けに走ったな~」という声もありますが、このように視聴者がある程度、お金を払うことで、どうでしょうという番組は、時を経て新作の発表ができるわけです。
スポンサーとは別の財布があるのは強いですよね。

他の番組が、どうでしょうのやり方をマネしても、うまくいくとは限りませんが、今後は、このような、テレビ番組ファンクラブ制度の時代がくるかもしれません。

今は、ニコニコ動画だって、毎月お金を払うわけですから、好きな番組が、番組の方針を変えずに半永久的に続くのなら、多少の出費は仕方ないと私は思います。

「いいものにはお金を払う」というのは、当たり前の考えですよね。
「テレビは無料」という概念は、数十年後にはなくなっていることも考えられます。

どうでしょうの現在の番組運営方法が、将来のテレビ界では当たり前・・・になっているかもしれません。



 

水曜どうでしょう一番くじでアレをゲットしました。

カテゴリ:
ローソンで絶賛発売中の「水曜どうでしょう・一番くじ」
売り切れ続出みたいですね。





どうでしょう藩士以外には「なんで?」って話ですが、藩士は熱狂的なわけです。

で、僕も藩士の1人として、発売初日に、一番くじに挑戦!

でたのはコレ!

image

E賞のカードケースです。

水曜どうでしょう最新作「はじめてのアフリカ」では、大泉さん、嬉野さんの作務衣カラーである紺をチョイス。

封を開けてみました。

image

コテコテのデザインではないので、普段使いもできます。
名刺交換した時に、藩士の人に気づかれるかも。

裏面には番組ロゴが入っています。

image


おやっ、スペシャルカードが入っているそうです。

image

コレでした!

image


シェフ大泉 夏野菜スペシャルでお馴染み。
半角斎先制の名刺が入っていました。

名刺のウラはこんな感じ。

image


一番くじは売り切れのようですが、もし見かけたら、ぜひトライしてみてください。


 

このページのトップヘ

見出し画像
×